心筋梗塞や脳卒中が就業状況や所得に与える影響は? | 船橋市の内科・循環器内科なら、船橋駅前内科クリニック|女医

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 南元 西本 清水 大槻 篠田
第2診察室 三宅 長谷川 石田 長谷川 赤川
14:30

18:30
第1診察室 南元 西本 大槻 篠田
第2診察室 三宅 篠田 大藤 赤川

心筋梗塞や脳卒中が就業状況や所得に与える影響は?

2019年03月14日

急性心筋梗塞(AMI)や心停止、脳卒中を発症すると、発症から3年後でも失業や所得の減少による影響がみられる可能性があることが、マニトバ大学(カナダ)のAllan Garland氏らの研究で明らかになった。詳細は「Canadian Medical Association Journal(CMAJ)」1月7日オンライン版に掲載された。

 Garland氏らは、カナダ全国の医療機関と所得税のデータを関連づけた入院および課税データベースから、2005~2013年のデータを用いて後ろ向きコホート研究を実施した。対象は、AMIまたは心停止、脳卒中を発症して入院した患者(それぞれ1万9,129例、1,043例、4,395例)と、これらの疾患以外を理由に入院した対照群(それぞれ182万644例、30万7,375例、88万8,481例)。参加者は全て40~61歳の働き盛りの年代で、発症から2年前には就業しており、発症後3年時点で生存していた者とした。一次評価項目は、脳心血管イベントを発症後3年時点の就業状況とし、所得の変化についても調べた。

 その結果、AMIまたは心停止、脳卒中で入院した患者群では、対照群と比べて3年後に就業していた者の数が少ないことが分かった(それぞれ5.0、12.9、19.8パーセントポイント減少)。また、これらの脳心血管イベントを原因とする平均所得の減少額は、AMI、心停止、脳卒中でそれぞれ3,834ドル、1万1,143ドルおよび1万3,278ドル(それぞれ約42万円、約122万円、約145万円)であった。さらに、ベースライン時の所得が低い患者や併存疾患がある患者、入院期間が長い患者、人工呼吸器が必要な患者では、所得による影響がより大きいことも明らかになった。

 以上の結果を踏まえ、Garland氏らは「AMIや心停止、脳卒中は全て失業や所得の減少を招き、その影響は発症後3年経っても続くことが示された。世界保健機関(WHO)は、脳心血管イベントの経済的な影響に関する指針を策定しているが、これに加えて、患者個人レベルでの詳細な状況が今回の研究で明らかになった」と述べている。

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 南元 西本 清水 大槻 篠田
第2診察室 三宅 長谷川 石田 長谷川 赤川
14:30

18:30
第1診察室 南元 西本 大槻 篠田
第2診察室 三宅 篠田 大藤 赤川

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>