DASC-8で高齢者HbA1c値目標を設定 | 船橋市の内科・循環器内科なら、船橋駅前内科クリニック|女医

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 南元 西本 清水 大槻 篠田
第2診察室 三宅 長谷川 石田 長谷川 赤川
14:30

18:30
第1診察室 南元 西本 大槻 篠田
第2診察室 三宅 篠田 大藤 赤川

DASC-8で高齢者HbA1c値目標を設定

2019年03月20日

日本糖尿病学会はこのほど、日本老年医学会ホームページで公開されている「DASC-8(認知・生活機能質問票)を用いた高齢者の血糖コントロール目標設定のためのカテゴリー分類のしかた」を公式サイトで紹介した。DASC-8は、メディカルスタッフや介護職、医師が対象者の家族や介護者に対して使用し、対象者の認知機能や日常生活動作(ADL)に関連する行動の変化を評価する。DASC-8を用いることで、高齢者の血糖コントロール目標(HbA1c値)設定のためのカテゴリー分類ができることが示されたとしている。

高齢者糖尿病の血糖コントロール目標については、2016年に高齢者糖尿病の治療向上のための日本糖尿病学会と日本老年医学会の合同委員会が発表している。DASC-8は、DASC-21(地域包括ケアシステムのための認知症アセスメントシート)の短縮版で、主に8項目(認知機能を評価する2項目、手段的ADLを評価する3項目、基本的ADLを評価する3項目)で評価するもの。合計点が10点以下でカテゴリーI、11-16点でカテゴリーII、17点以上でカテゴリーIIIの可能性が高いと判定する仕組みだ。今回、日本老年医学会は、DASC-8を用いて高齢者の血糖コントロール目標設定のためのカテゴリー分類ができることを明らかにしたとして、その方法を公開した。

DASC-8は、原則的にメディカルスタッフや介護職、医師が、対象者の家族や介護者に対して使用し、対象者の認知機能障害や生活機能障害に関連する行動の変化を評価する。対象者の家族や介護者に質問できない場合は、対象者本人に日常生活の様子を質問しながら追加の質問をするなどして、調査担当者自身の判断で対象者の状態を評価するとしている。

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 南元 西本 清水 大槻 篠田
第2診察室 三宅 長谷川 石田 長谷川 赤川
14:30

18:30
第1診察室 南元 西本 大槻 篠田
第2診察室 三宅 篠田 大藤 赤川

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>