慢性膵炎に関与、物質特定 近畿大、治療法の開発期待 | 船橋市の内科・循環器内科なら、船橋駅前内科クリニック|女医

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 大藤 篠田

慢性膵炎に関与、物質特定 近畿大、治療法の開発期待

2018年10月26日

過度の飲酒などで膵臓(すいぞう)に炎症が生じ、進行すると消化不良に伴う下痢、糖尿病などを引き起こす慢性膵炎の発症に、サイトカインと呼ばれるタンパク質2種類が関わっていることが分かったと、近畿大の渡辺智裕(わたなべ・ともひろ)准教授(消化器内科学)らのチームが26日付の海外科学誌電子版に発表した。

サイトカインは細胞から分泌され、免疫反応などに関与する物質で、働きを抑えられれば、新たな治療法や予防法の開発につながる可能性があるとしている。

チームによると、慢性膵炎になると、膵臓がんのリスクも高まる。飲酒のほか喫煙も関与するとされるが、詳しい発症メカニズムは不明で、根治療法は見つかっていないという。

チームは、慢性膵炎の状態にしたマウスを使った研究で、膵臓腺房細胞から産出されるI型インターフェロンとインターロイキン33という2種類のサイトカインが、慢性膵炎の発症に関与することを突き止めた。

2種類のサイトカインは、膵臓組織を自己の免疫が誤って攻撃して起きる自己免疫性膵炎の発症にも関わっていることが分かったとしている。

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 大藤 篠田

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>