肺の除神経治療がCOPD患者の症状改善に有効 | 船橋市の内科・循環器内科なら、船橋駅前内科クリニック|女医

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 大藤 篠田

肺の除神経治療がCOPD患者の症状改善に有効

2018年10月30日

標的を定めた肺の除神経(TLD)治療により、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の症状が50%以上軽減することが、欧州呼吸器学会(ERS 2018、9月28日~10月2日、パリ)で発表された。

 フローニンゲン大学医療センター(オランダ)のDirk-Jan Slebos氏らは、欧州6カ国のCOPD患者82人を対象にTLDまたは偽治療を実施。TLD群では、気管支鏡を用い肺にカテーテルを挿入し、カテーテルから気道の外側の神経に電気を送り、神経機能を変化させた。これで気道が弛緩して拡張し、粘液が減少して気道壁の炎症も軽減する。その後、カテーテルと気管支鏡は抜去された。

 その結果、治療開始から6週後までに、偽治療群の71%に深刻な急性増悪がみられたが、TLD群では32%であった。1年以内に呼吸器合併症で入院した患者数は、偽治療群に比べTLD群は半数未満。TLD群で死亡例はみられず、一部に副作用がみられたが6カ月以内に消失した。

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 大藤 篠田

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>