呼吸器疾患・肺炎に関する紹介・搬送のタイミング | 船橋市の内科・循環器内科なら、船橋駅前内科クリニック|女医

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 大藤 篠田

呼吸器疾患・肺炎に関する紹介・搬送のタイミング

2018年12月17日

m3.comによる調査で、月に1例以上他院からの紹介患者を診療する勤務医m3.com医師会員(617人)に対して、紹介・搬送のタイミングについて遅いと感じることが多い領域や疾患名について質問した。今回は、疾患名について回答した一般内科勤務医65人の中で、最も回答が多かった「呼吸器系疾患、肺炎」について、開業医、勤務医の印象に残っているエピソードおよび勤務医の考える紹介時に気を付けるべきポイントについて紹介します。

Q. 紹介・搬送のタイミングが遅いと感じた症例についてお尋ねします。紹介・搬送のタイミングについて遅いと感じることが多い領域や疾患名をお教えください。(一般内科勤務医65人の回答を抜粋)

 

Q.先生の印象に残っているエピソードがあればお教えください。

(開業医)他院への紹介・搬送のタイミングが遅いのではないかと感じた症例
(勤務医)他院からの紹介・搬送のタイミングが遅いと感じた症例

  •  普段、見慣れない高齢者が「倦怠感・咳」を訴えて初診。何となく心不全も気になって紹介状作成して「明日に近隣の内科へ行ってください」と説明するも、夜中に救急車で受診し肺炎で入院したそうな。家族から「なぜ早く紹介しないのか」と恨みの電話が掛かってきて以来、ウワサが流れているのか患者数激減の超ヒマな毎日です【小児科開業医】
  •  重症肺炎なのに、うちに来たら必ず治るみたいに前医に言われていたこと。いやいや1週間前から熱出ていたんでしょ、抗生剤も何も投与してないって……みたいな。何かしら医療行為していて、でも調子悪くてーみたいな感じなら、まあまあ仕方ないですねとかなりますけど。うちは近所の施設から寝たきり肺炎を受け入れることが多くて、ビックリするような施設もそれなりにあって。もちろん良心的な施設がほとんどなんですが、たまに、姥捨て山、当然家族の質(?)もビックリするような症例も多々あります。まあこれも人生勉強と思って割り切っています【一般内科勤務医】
  •  誤嚥性肺炎の再燃/酸素化の悪化を理由に転院延期・治療開始となった症例があった。感染所見は改善したものの、転院時点では低アルブミン血症がさらに増悪し、日常生活動作も低下していた【呼吸器科勤務医】
  • 5歳男児。開業医が、上気道炎の診断で3週間、漫然と外来治療を繰り返した結果、肺炎を発症していた【小児科勤務医】
  • 80歳代の方で、熱もなく元気、炎症反応もなく、胸部レントゲンで肺炎像あり。 3日間経過観察後、画像改善ないため、他院紹介するも、入院後3日で亡くなった【一般内科開業医】
  • 誤嚥性肺炎で受診された患者さんで、意識レベルもクリアで、外来で抗生剤点滴治療で経過がみられるかと考えましたが、脱水で食事も水分も十分に取れず、結果的に入院加療お願いしました。高齢の一人暮らしの患者さんは、以後早めに病診連携の取れている市中病院にお願いするようにしています【循環器科開業医】
  • レントゲン写真では肺炎を疑う所見であったが、土曜日は休診であったため差し当たって抗生剤の治療を開始し、週明けに紹介したところ、もっと早く紹介すべきと叱責された【耳鼻咽喉科開業医】

 

Q. 紹介・搬送のタイミングを適切にするために、紹介元の医師に対して気を付けてほしい、気を付けるべきポイント等があれば教えてください。(勤務医の回答をご紹介)
  • 肺炎か肺腫瘍か分からなければ、できるだけ早い紹介を【一般内科勤務医】
  • いくら開業医と言っても胸部XP、少なくとも聴診、打診はしていただきたい【一般外科勤務医】
  • 肺炎や尿路感染を経口抗菌薬で治療する場合は、経口抗菌薬投与後、3日以内に臨床症状や血液検査の改善がなければ、基幹病院に送るべき【一般内科勤務医】
  • 肺炎なのだが、クリニックが少し頑張り過ぎて診察や治療を継続していたため、呼吸状態がかなり悪化してしまっているケースがある。最近、抗生剤をあまり使わなくなった。これ自体は確かに良いことだと思うが、それならばそれで検査を適切に行い、細菌性肺炎やマイコプラズマ肺炎でないことを確認してから、経過観察を行ってもらいたい【小児科勤務医】
  • 特に高齢者に関して。高齢者は心不全の発症時に呼吸苦、動悸などの明らかな自覚症状を認めないことも多く仕方ないと思われるが、かなり重症化してから紹介されることが少なくない。その際に、前段階で肺炎や消化器疾患として治療されている期間が長期であったり初歩的な検査をしていないことが多い。せめて聴診器を当てたり、胸部レントゲンを撮るぐらいの機会を早く得ていれば、重症化する前に原因治療が開始できたと思うこともある【循環器内科勤務医】
  • 開業医さんが急性肺炎などの患者さんを紹介されるのは金曜日の16時頃が多い。その辺りまでは自院で点滴などをするが、休日前の金曜日になると紹介してこられるのがしばしばである。しかも、患者さんが到着するのは、18時を超えることがあり、医師のみでなく臨床検査技師やX線技師、看護師など、多くの職種が残業しなければならなくなる。せめて金曜日の午前中には決心してほしいものである【一般内科勤務医】
  • 解熱剤の常用投与は避けてほしい。頓用で使用することを原則にしてほしい。常用投与していると増悪していても表向き発熱が隠されるので、本人も家族も良くなっていると勘違いしてしまい、対応が遅れよほど悪化して解熱剤で抑えきれなくなるほどまでになって初めておかしいと気付くが、その時にはもうかなり進行している。【一般内科勤務医】
  • 早過ぎてもいいから一報ください。手術や入院加療のタイミングは遅れると、それから介入しても効果の上がらないことが多い。事前の相談や、こちらからの往診など、時間があればできる選択肢が増えるので、ベストなタイミングで転院できる。【一般内科勤務医】

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 大藤 篠田

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>