片頭痛の女性は2型糖尿病リスクが低い? | 船橋市の内科・循環器内科なら、船橋駅前内科クリニック|女医

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 大藤 篠田

片頭痛の女性は2型糖尿病リスクが低い?

2019年01月3日

7万4,000人を超えるフランス人女性を対象とした研究から、片頭痛に苦しんでいる女性では2型糖尿病の発症リスクが低いという思いがけない結果が示された。フランス国立保健医学研究所(INSERM)のGuy Fagherazzi氏らが「JAMA Neurology」12月17日オンライン版に発表した。

 この研究は、フランスの女性を対象に、1990年に開始された住民ベースの前向き研究データを用いたもの。1925~1950年に生まれた女性のうち2002年の頭痛に関する質問票に回答し、2004~2014年まで追跡し得た7万4,247人の女性を対象に解析した。対象女性のベースライン時の平均年齢は61歳で、全員が2型糖尿病を発症していなかった。

 10年間の追跡期間中に、2,372人が2型糖尿病を発症した。体重などの因子で調整して解析した結果、片頭痛がある女性では、片頭痛のない女性に比べて2型糖尿病リスクが30%低いことが分かった(ハザード比0.70、95%信頼区間0.58~0.85)。

 また、2型糖尿病と診断される前の24年間に、片頭痛の罹患率は22%から11%へと低下しており、2型糖尿病と診断後の22年間は、片頭痛の罹患率は11%前後の横ばいで推移していることも明らかになった。

Fagherazzi氏は「これまでの研究で、片頭痛は2型糖尿病の発症につながるインスリン抵抗性と関連することが示されており、意外な結果だった」と話している。同氏らによると、片頭痛の有病率は最大で18%と報告されており、特に若い女性や閉経後の女性で重症の頭痛が最も起こりやすいという。

しかし、片頭痛と2型糖尿病の関係については、専門家もよく分かっていないようだ。その一人で米ノースウェル・ヘルス頭痛センターのNoah Rosen氏は「後ろ向きに解析したこの研究は、因果関係を証明するものではない」と強調する。また、研究では両者に影響しうる因子として体重が考慮されたが、同氏は、食習慣も影響した可能性を指摘。「例えば、片頭痛患者では、特定の食品がその引き金となる人がいる一方で、食事を抜く人や脱水状態に陥る人も多く、これらが2型糖尿病リスクの低下につながった可能性がある」と説明している。

一方、同じく専門家で米レノックス・ヒル病院フリードマン糖尿病研究所のGerald Bernstein氏は「現時点で分かっているのは、片頭痛によるストレスが糖尿病患者の血糖値を上昇させるということだけだ」と述べている。

また、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校のAmy Gelfand氏らは、同誌の付随論評で、「医師の間では、頭痛の患者には2型糖尿病患者が少ないことは既に議論されてきた」と指摘している。同氏らは、糖尿病に伴う高血糖が、片頭痛に関与する脳内の特定のタンパク質の産生を抑制している可能性があるのではとの見方を示しているが、こうした関係は証明されていないと付け加えている。

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 篠田 大藤 篠田

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>