お知らせ|船橋市の内科・循環器内科 船橋駅前内科クリニック

TEL:047-406-5515

インターネット予約

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 大藤 篠田

お知らせ一覧

糖尿病患者の連続的モニターなど機器6製品を了承

2018年11月17日

中医協総会は11月14日、糖尿病患者のグルコース濃度を連続的にモニターする医療機器「メドトロニック ガーディアン コネクト」(日本メドトロニック)など6製品の保険適用を了承した。18年12月に収載予定……

続きを読む

高血圧薬シルニジピンが慢性心不全に効果

2018年11月17日

自然科学研究機構生理学研究所と九州大学の研究グループは、慢性心不全の原因となるミトコンドリアの異常分裂を引き起こす作用機序を特定し、その現象を抑制する既承認薬を発見した。慢性心不全の新たな治療法確立に……

続きを読む

鼻をほじってはいけないもう一つの理由

2018年11月16日

 子どもの頃、鼻をほじるのはやめなさい、と母親に怒られた経験がある人は少なくないだろう。しかし、実際に鼻をほじると自分自身だけでなく周囲の人の健康にも悪影響があることが、英リバプール熱帯医学研究所……

続きを読む

年間約2万件発症の重症低血糖 その予測と対応は

2018年11月16日

血糖変動のリアルタイムモニタリングが可能となる、持続グルコースモニタリングシステム「ガーディアンコネクト」の上市を年末に予定する日本メドトロニック株式会社が11月9日、メディアセミナーを開催。徳島大学……

続きを読む

産後うつで女性の心疾患リスクが上昇 AHAで発表

2018年11月16日

産後うつと診断された女性は、他に健康上の問題がなくても、心筋梗塞や脳卒中、心不全を発症するリスクが高い可能性があることが、米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)のPunag Divan……

続きを読む

炭水化物、少な過ぎても死亡リスク増―メタ解析

2018年11月13日

 アテローム性動脈硬化の原因を検討したARIC(Atherosclerosis Risk in Communities)研究の参加者1万5428例を対象に、炭水化物からのエネルギー摂取比率と死亡率の関……

続きを読む

肥満薬lorcaserinに糖尿病発症リスク抑制効果

2018年11月13日

過体重または肥満でアテローム性血管疾患リスクを有する患者1万2000例を対象に、選択的セロトニン2C受容体作動薬lorcaserinの糖尿病(DM)予防および寛解効果を無作為化二重盲検プラセボ対照試験……

続きを読む

早発閉経は余命短縮と2型糖尿病の罹病期間延長と関連か

2018年11月13日

 閉経時期が正常または遅い女性に比べて、閉経が早い女性は余命と2型糖尿病のない期間が短いとする研究結果が「Menopause」10月8日オンライン版に掲載された。  エラスムス大学医療センター(オラ……

続きを読む

世界糖尿病デー:ブルーに染まる奈良駅旧駅舎 14日まで /奈良

2018年11月13日

世界糖尿病デー:ブルーに染まる奈良駅旧駅舎 14日まで /奈良 14日の「世界糖尿病デー」を前に、奈良市三条本町のJR奈良駅旧駅舎(市総合観光案内所)が10日、シンボルカラーのブルーにライトアッ……

続きを読む

甘い物への欲求 抑える仕組みを解明 群大グループ

2018年11月9日

「糖分が欲しい」という欲求を脳がコントロールする仕組みの一端を解明したと、群馬大生体調節研究所の佐々木努准教授らの研究グループが5日、発表した。やめようと意識しても甘い物を食べ過ぎてしまう人は、この仕……

続きを読む

「朝食を抜くと体重が増える」メカニズムは体内時計の異常によるもの

2018年11月9日

名古屋大学は11月1日、朝食を抜くと体重が増えるメカニズムは体内時計の異常であることを解明したと発表した。この研究は、同大大学院生命農学研究科の小田裕昭准教授を中心とする研究グループによるもの。研究成……

続きを読む

睡眠障害…不眠、糖尿病などリスク増 日々の習慣、見直して改善

2018年11月9日

国内の成人の2割が睡眠で悩んでいるといいます。健康の維持には、十分な時間と良質の睡眠が欠かせません。不眠症などの睡眠障害は、適切な治療と生活習慣の見直しで改善が見込めます。(冬木晶) どんな病気? ……

続きを読む

風疹流行、関東から愛知に拡大…出張や旅行で感染か

2018年11月9日

風疹の流行が関東地方を中心に拡大が止まらない。東海地方では愛知県で5日現在、患者数が94人に上り、昨年1年間(3人)を大幅に上回っている。妊婦が感染すると胎児に障害が出る可能性があるため、愛知県は予防……

続きを読む

妊婦の過度なダイエット、子の高血圧リスクに 脳へ影響

2018年11月6日

過度なダイエットや貧困などで妊婦が栄養不足になると、生まれた子の脳内の血圧調節システムが崩れ、成長しても高血圧になりやすい――。東京大などの研究チームが動物実験でこんな仕組みを明らかにした。日本の若い……

続きを読む

糖尿病リスク予測ソフト、公開翌日に厚労省「未承認の医療機器」指摘で中止に

2018年11月6日

国立国際医療研究センター(東京都)が、糖尿病の発症リスク予測ソフトを開発してサイトに公開したところ、厚生労働省から「未承認の医療機器に当たるのでは」と指摘され、中止する事態となっている。医療機器の提供……

続きを読む

ラベンダーの香り、なぜストレス緩和? 鹿児島大が解明

2018年11月6日

ラベンダーの香りの主成分であるリナロールは、嗅覚(きゅうかく)を刺激して脳の神経回路を活性化し、リラックス効果をもたらすことがわかったと、鹿児島大の柏谷英樹講師らの研究チームが発表した。この香りは、既……

続きを読む

インフル患者の異常行動95件 19歳以下が94件

2018年11月6日

突然走り出す、飛び降りるなど重度の異常行動を起こした季節性インフルエンザ患者の報告が昨季、95件あったことがわかった。厚生労働省研究班が5日、公表した。報告数は過去10季で3番目に多く、95件のうち9……

続きを読む

低抗体価世代男性に医療者並み推奨求める

2018年11月5日

6月8日開催の厚生労働省の「第4回麻しん・風しんに関する小委員会(委員長=大石和徳氏・国立感染症研究所感染症疫学センター長)」は、「風しんに関する特定感染症予防指針(以下、「指針」)の改正案を審議した……

続きを読む

心筋梗塞後の着用型除細動器で不整脈死減らず

2018年11月5日

 急性心筋梗塞を発症し駆出率が35%以下の患者2302例を対象に、90日時の突然死または心室性頻脈性不整脈による死亡(不整脈死)発生率を国際共同無作為化比較試験で検討(VEST試験)。対象例を着用型除……

続きを読む

睡眠時無呼吸でAF発症リスク増?

2018年11月2日

初回診断時の睡眠検査で不整脈がなかった閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)成人患者8256例を対象に、OSAと入院を要する心房細動(AF)新規発症の関連を歴史的コホート研究で検討。OSA重症度を無呼吸低呼吸指……

続きを読む

妊娠希望の男女にMRワクチン接種を

2018年11月2日

日本産科婦人科学会はこのほど、2013年の風疹大流行時に類似した風疹流行の兆候が首都圏で確認されていることから、産婦人科医としての対策をまとめ、同学会ホームページに掲載した。妊娠を希望する男女へのMR……

続きを読む

朝食抜きで体内時計に乱れ エネルギー消費減り体重増

2018年11月2日

朝食を抜くと、肝臓での脂質代謝や体温に関する体内時計が乱れ、エネルギーの消費が減って太ることを、名古屋大の小田裕昭(おだ・ひろあき)准教授(時間栄養学)らの研究チームが解明し、31日付の米科学誌に発表……

続きを読む

1月からの外来について

2018年10月30日

来年1月8日(火)より毎週火曜日は福井医師から篠田院長にかわります。 篠田院長は毎週火曜日と土曜日の外来になります。 医師を選ぶことは出来ませんのでご了承ください。

続きを読む

肺の除神経治療がCOPD患者の症状改善に有効

2018年10月30日

標的を定めた肺の除神経(TLD)治療により、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の症状が50%以上軽減することが、欧州呼吸器学会(ERS 2018、9月28日~10月2日、パリ)で発表された。  フ……

続きを読む

健康診断の結果で糖尿病リスク予測するツールを開発

2018年10月30日

国立国際医療研究センター(NCGM)は、利用者本人の健康診断の結果を入力することで糖尿病発症のリスクを予測するツール「糖尿病リスク予測ツール」を教育ソフトウェアと共同開発し、24日からNCGMのホーム……

続きを読む

非アルコール性脂肪性肝疾患の新指標発見

2018年10月30日

聖路加国際大学と島津製作所は、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の有無を判定するバイオマーカーを発見したと発表した。NAFLDは肝硬変や肝がんなど重篤な疾患につながる可能性に加え、肥満や糖尿病、……

続きを読む

糖尿病患者は全てのワクチン接種を

2018年10月30日

糖尿病患者は血糖コントロールが不良な状態が続くと免疫機能が低下するため、さまざまな感染症にかかりやすくなるとされる。そのため、米国糖尿病教育者会議(American Association of ……

続きを読む

妊娠糖尿病後の糖代謝異常、児の肥満との関連は?

2018年10月26日

妊娠中の高血糖と有害妊娠転帰を検討したHAPO試験およびその長期追跡試験に参加した母親4697例および小児4832例を対象に、妊娠糖尿病(GDM)と分娩後10-14年時の母親の糖代謝疾患および児の肥満……

続きを読む

血液で脂肪肝判定 健診に実用化目指す

2018年10月26日

聖路加国際大(東京)と島津製作所(京都)は25日までに、肥満や糖尿病の人に多い「非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)」かどうかを判定するのに使える血液中の物質を特定したと発表した。 健康診断……

続きを読む

慢性膵炎に関与、物質特定 近畿大、治療法の開発期待

2018年10月26日

過度の飲酒などで膵臓(すいぞう)に炎症が生じ、進行すると消化不良に伴う下痢、糖尿病などを引き起こす慢性膵炎の発症に、サイトカインと呼ばれるタンパク質2種類が関わっていることが分かったと、近畿大の渡辺智……

続きを読む

膵癌、果物摂取量が多いと罹患リスク低下か

2018年10月23日

国立がん研究センター社会と健康研究センターは10月16日、多目的コホート研究(JPHC研究)の結果から果物・野菜摂取と膵がん罹患の関連にの報告を発表した。この研究の成果は、「International……

続きを読む

2型糖尿病治療に間欠的な絶食が有用か

2018年10月23日

2型糖尿病患者は間欠的な絶食によって良好な血糖コントロールが得られ、インスリン治療や一部の血糖降下薬の服用を中止できる可能性があることが、スカーバロー病院(カナダ)のJason Fung氏らが実施……

続きを読む

インフルエンザワクチンの積極接種を訴え 東京病院の永井氏が講演

2018年10月22日

国立病院機構東京病院呼吸器センターの永井英明臨床研究部長は、先ほど都内で行われたサノフィ主催のメディアセミナーで講演し、季節性インフルエンザワクチンにおける無償摂取対象者を拡大することの重要性について……

続きを読む

風疹患者1100人、昨年の12倍に 職場で集団接種も

2018年10月22日

関東を中心に風疹の流行が続いている。今年に入ってからの患者数は1103人となり、昨年1年間の約12倍に上る。患者の中心は30~50代男性だ。時間のない働き盛り世代のため、職場で集団予防接種をする企業も……

続きを読む

妊婦の葉酸補給、妊娠高血圧症を予防せず

2018年10月20日

妊娠高血圧症候群の危険因子(既存の高血圧、妊娠前糖尿病、双胎妊娠、過去の妊娠高血圧症候群既往歴、体格指数35以上)を1つ以上有する妊娠女性2301例を対象に、高用量葉酸補給(妊娠8-16週から出産まで……

続きを読む

家庭用冷蔵庫での保管はインスリンの質に影響する?

2018年10月20日

糖尿病患者の多くは、未使用のインスリンを自宅の冷蔵庫で保管している。しかし、家庭用冷蔵庫内の温度は一定しておらず、温度がインスリンの保管に推奨される範囲外になることも多いことから、インスリンの質に……

続きを読む

風疹の患者数、1000人を超える 関東中心に流行

2018年10月17日

関東を中心に風疹の流行が続いている。国立感染症研究所の16日の発表によると、直近1週間(1~7日)の風疹の患者数は135人で、5週連続で100人超となった。また今年に入ってからの累計患者数は1103人……

続きを読む

冠動脈の新バイオマーカー、予後予測に有用

2018年10月17日

冠動脈炎を非侵襲的に検出する新規バイオマーカー、血管周囲脂肪減衰指数(FAI)の臨床転帰予測能を解析コホート1872例と検証コホート2040例の前向きデータの事後解析で検討した(CRISP CT試験)……

続きを読む

糖尿病での最適な脂質管理は?

2018年10月17日

LDLコレステロール(LDL-C)高値は心血管イベントのリスクファクターとしてインパクトが大きく、一方、治療によりLDL-C値を20mg/dL低下させると、糖尿病の有無によらず心血管イベントリスクが約……

続きを読む

魚食べないと大動脈病に 死亡リスク倍、筑波大研究

2018年10月16日

魚をほとんど食べない人は食べる人に比べ、大動脈瘤(りゅう)や大動脈解離で死亡するリスクが約2倍になるとの研究結果を、筑波大と国立がん研究センターのチームが15日発表した。少なくとも月に1~2回食べれば……

続きを読む

カカオポリフェノール継続摂取で閉経後の高血糖リスク低下か

2018年10月16日

明治と東京医科大学の共同研究グループは、カカオ由来のポリフェノールの継続摂取が、閉経後の女性のインスリン抵抗性の改善につながる可能性を見いだした。また血圧と悪玉コレステロールの改善効果も確認した。閉経……

続きを読む

子宮頸癌ワクチンによるHPV感染予防効果を実証

2018年10月12日

新潟大学は10月9日、日本人女性において、子宮頸がんワクチンのヒトパピローマウイルス(HPV)16/18型感染予防に対する有効率が90%以上と高い数字を示したと発表した。この研究は、同大医歯学総合研究……

続きを読む

インフルで学級閉鎖 船橋市

2018年10月12日

船橋市は9日、インフルエンザが流行しているとして、市立小学校の1年2クラスを学級閉鎖すると発表した。閉鎖期間は12日までの3日間。 同市保健所によると、9日時点で2クラス59人のうち、発熱などで……

続きを読む

歯がない高齢者、長時間・短時間睡眠のリスクが1.4倍以上に

2018年10月12日

東北大学は10月5日、高齢者における歯の本数と睡眠時間の関係を明らかにした研究結果を発表した。この研究は、同大大学院歯学研究科の小山史穂子非常勤講師らによるもの。研究成果は、「Sleep Medici……

続きを読む

心不全治療薬の強心配糖体による新たな抗がんメカニズムを解明

2018年10月10日

富山大学は9月18日、心不全治療薬として使用されている強心配糖体の抗がんメカニズムを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学薬学研究部(薬学)薬物生理学研究室の藤井拓人助教、酒井秀紀教授(薬……

続きを読む

歯周病の進行が呼吸機能の急速低下に関わる可能性

2018年10月10日

九州大学は9月20日、歯周病の進行が呼吸機能の急速低下に関わることを明らかにしたと発表した。この研究は、同大大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野の二宮利治教授が主任を務める久山町研究の一環として、同大……

続きを読む

風しん、はしかの全患者を公表へ 県、感染症報道の規定見直しへ

2018年10月10日

県は2000年度に策定した感染症の報道発表規定について、透明性や具体性を高め、拡大防止につながる内容に見直す。国が国内発生ゼロを目標としている風しん、麻しん(はしか)は届け出があった全患者の発症日、受……

続きを読む

高齢者DMでスタチンによる一次予防が有効

2018年10月10日

アテローム動脈硬化性心血管疾患(CVD)がない75歳以上の高齢者4万6864例を対象に、スタチン治療がアテローム動脈硬化性CVDおよび死亡の減少に関連するかどうか後ろ向きコホート研究で検討した。 ……

続きを読む

2060年までに1400万人がアルツハイマー病と推計

2018年10月3日

米国では2060年までにアルツハイマー病患者数は、現在のほぼ3倍に相当する1400万人に上ると推計されることが、米疾病対策センター(CDC)国立慢性疾患予防・健康増進センターのKevin Matt……

続きを読む

インフルエンザ:中3の予防接種に補助 海老名市、1300人対象 /神奈川

2018年10月3日

インフルエンザ:中3の予防接種に補助 海老名市、1300人対象 /神奈川 海老名市は、市内在住で、市立か私立の学校に通学する中学3年生を対象に、インフルエンザワクチン接種の補助を実施する。対象者……

続きを読む

クリニック概要

診療科目
一般内科 循環器内科 呼吸器内科
所在地
〒273-0005
千葉県船橋市 本町7-6-1
船橋ツインビル東館
イトーヨーカドー入居ビル東館6階
最寄駅
JR・東武野田線「船橋駅」より徒歩約2分

TEL.047-406-5515

[休診]水曜午後・木・日・祝
※曜日・時間帯、時期によってはご予約頂いてもお待ち頂く場合がございます。
受付
9:30

12:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 石田 大森 篠田
14:30

18:30
第1診察室 清水 清水 清水 清水
第2診察室 三宅 福井 大藤 篠田

船橋駅前内科クリニックへのアクセスマップ

GoogleMapはこちら>>